サイキャン△
初心者から始めるサイクルツーリングソロキャンプ
キャンプ

自転車ソロキャンプで薪ストーブを使ってみた パッキングはバックパック 幕内の温度と燃費まで【引きこもりぬくぬくチャリキャン】

こんにちはMiya-Zです

今回はついに!

自転車キャンプで薪ストーブデビューしたので

ご紹介していきたいと思います!!!

では早速行ってみましょう

薪ストーブはこれ!

今回使用したのはこちらの中華製の薪ストーブです

折りたたみ薪ストーブレビュー【Aliexpress】こんにちはMiya-Zです 今回は先日のこの記事 https://cycle-camp.fun/?p=283 で触れた...

今回で3度めの出動!

テントも中華製ソロティピーで行きました

煙突の穴があらかじめ開いているのがいいですよね

※↑画像は別の日です

全体はこんな感じです

パッキングの問題

今回初めてチャリキャンに薪ストーブを持っていくにあたり

重量2Kgとは言えどこに入れて持っていくか?

という問題が発生しました

パニアバッグの中はすでに装備であふれているのでw

新たにスペースを確保する必要がありそうです…

そこで思いついたのが

バックパック

冬であればバックパックを背負っても

汗だくになることはないので冬限定の装備として

バックパックを使用することに

出典:モンベル

モンベルのストライダーパック30を購入しました!

このストライダーパック30は背中に当たるの部分に

フレームが内蔵されているので内容物によって変形しないので

金属の薪ストーブを運搬する場合に威力を発揮します

背負心地が抜群です

更に容量が30lなので薪ストーブ+アウターを収納すると

ジャストサイズ!

我ながらナイスチョイスでしたw

今回の装備がこちら

なかなかの重装備ですね…

フロントラックの導入も考えています

サイト使用レビュー

まずやること

こちらの薪ストーブの注意事項として

設置後にまずは薪を短くする作業が必要です

何故ならばストーブの奥行きが35cm弱なので

キャンプ場で販売している薪が長くてストーブに入らない事が多いのです

ノコギリ必須です!斧よりもノコギリです!!

幕内の温度がこちら

 

ちなみにこの日の外気温は-1℃でした

はい

とっても暖かいです(*´ω`*)

ソロティピーテントをフルクローズしています

念の為一酸化炭素チェッカーを装備しましたが

幕下開いているのと上部のベンチレーターが付いているので

一酸化炭素濃度は薪を入れる際に少し上がる程度でした

しかも一瞬で下がります

ここまで換気ができていてこの温度です!

最高ですw

燃費は?

一体薪ストーブの燃費はどのくらいなのだろう…

気になりますね

このサイトの薪は一束が針葉樹の5kgでした

夕方16時ころから点け始め就寝時間の22時までと

朝7時ころから撤収開始の9時過ぎまででちょうど一束使い切った感じです

一晩500円(薪一束)だったのでかなり経済的!

チャリキャンだと薪は現地販売頼りなのでサイトの売店情報は要チェックです!

あなたも薪ストーブが欲しくなる

前日に納入してきたちろりをメスティンで燗にして

おちょこでちびちび飲むのが癖になりそう

控えめに言って最高ですw

炭で餅も焼いて正月気分を盛り上げました

※炭は幕外で使用しています

 

おわりに

いかがでしたでしょうか

自転車キャンプで薪ストーブ

新たな世界が開けた気がしますね!

冬だからと言ってチャリキャンしないなんてもったいない!!

幕内ぬくぬくキャンプが自転車でもできますよ

薪ストーブはストーブの上で調理できるのも魅力ですね

私はもっぱら鍋!

冬のチャリキャンはいいですよ〜

では最後までお読み頂きありがとうございました!

折りたたみ薪ストーブレビュー【Aliexpress】こんにちはMiya-Zです 今回は先日のこの記事 https://cycle-camp.fun/?p=283 で触れた...
自転車にも積める!小型軽量のチタン薪ストーブ【冬でもチャリキャン】こんにちはMiya-Zです 少しずつ気温も下がり 秋から冬の気配を感じるようになってきました 冬キャンプシーズンの到来...