サイキャン△
初心者から始めるサイクルツーリングソロキャンプ
キャンプギア

冬キャンプに持っていきたいコンパクトな暖房器具【ハクキンカイロ】

日増しに寒くなってきた今日このごろ

買ってよかったアイテム

ハクキンカイロ

について書いていきます

ハクキンカイロとは

ベンジン(原油から分留精製した揮発性の高い可燃性の液体)

を燃料として火口(プラチナ触媒)で触媒燃焼して熱を発生させます

燃焼と言っても火が出るわけではなく

炭酸ガス(CO2)と水(H2O)に完全酸化分解させることができるとのこと

なので環境にもとてもやさしい暖房器具と言えます

私は寝袋の足元に置いて使用しています

白金カイロの種類

スタンダード

ミニ

ベンジン(燃料)

ハクキンカイロの使い方

  1. 蓋と火口を取り外す
  2. 計量カップでベンジンを量り給油する
  3. 火口を付けライターなどで触媒反応を起こさせる
  4. 蓋を取り付け暖まるとても簡単に使用できますね!

持続時間

タイプ 最大容量(1カップ=約12ml) 最大持続時間
スタンダード 2カップ 24時間
ミニ 1.5カップ 18時間
ジャイアント 4カップ 30時間

※外気温0℃の場合

ミニでも一晩十分に持ちます

ベンジンボトル問題

自転車キャンプではベンジンの容器の大きさがネックになってくるので

容器を探してみましたベンジンオイルに耐えられる材質は

ポリ塩化ビニル、ポリプレピレン、ポリエチレンになります

ただビジュアル的に金属がいいかなということで

私はこちらにしてみました

1ozなので30ml弱で丁度いい!

こんなのとか

もうちょっと量を増やしたければこちらもいいかも

60ml入りますよ!

デメリットもある

ここまでいい事ばかりのハクキンカイロですが

デメリットもあります

  1. ベンジンの匂いがキツイ(自分は全く問題ない)
  2. 途中でとめることができない
  3. 火がないと使えない

いちばん人を選ぶところは匂いだと思います

こればっかりは試してみるしかないかも…

まとめ
  • ハクキンカイロはクリーンでエコな暖房器具
  • 燃料のベンジンの小分けの容器を用意する
  • 匂いで好き嫌いが分かれるかも